ノートパソコン

  • LinuxノートPC「Pinebook Pro」
    LinuxノートPC「Pinebook Pro」
    26,800円-29,800円
    PINE Microsystems社(米国・カリフォルニア州サンフランシスコ)製LinuxノートPC「Pinebook Pro」の予約受付を開始いたします。
    PINE Microsystems社はLinux対応のPINEシリーズの各種シングルボード、ノートPCのコミュニティを運営し、開発販売するスタートアップ企業です。
    はじまりは2015年に、Raspberry Piに競合するシングルボードコンピュータであるPINE A64のクラウドファンディングでした。
    その後、Linux搭載の99ドルノートPCであるPinebookシリーズもリリースしています。
    今回の「Pinebook Pro」はPinebookシリーズの最新版です。
    OSには、Debianをプリインストールしておりますが、このほかにChromium OS、Android、各種GNU/Linuxディストリビューションをサポートいたします。
    本体サイズ329×220×12mmに、14.1インチIPS液晶ディスプレイ、200万画素のカメラ、大容量10,000mAhバッテリーを搭載しております。
    また、プライバシースイッチがついており、カメラ・マイク・ワイヤレス通信をON/OFF可能です。
  • UMPC「Peakago」
    UMPC「Peakago」
    34,800円-42,800円
    Peakago社製ウルトラモバイルPC「Peakago」の予約受付です。
    盛り上がるウルトラモバイルパソコン市場に新規参入です。
    高機能化、高価格化が進んでいるウルトラモバイルパソコン市場に破壊的イノベーションを起こすべく、低価格のUMPCの投入です。
    7インチのタッチディスプレイ、メモリ8GB、ストレージ128GB、CPUにIntel Atom Z8350、を搭載した安価なエントリーモデルのウルトラモバイルPC「Peakago」です。
    まもなく、Indiegogoでキャンペーン開始予定です。
    Peakago promises to deliver a 7 inch convertible laptop for $300
    https://liliputing.com/2019/09/peakago-promises-to-deliver-a-7-inch-convertible-laptop-for-300.html
    Peakago Windows 10 convertible mini laptop sonn launhcing for $300
    https://www.geeky-gadgets.com/peakago-windows-10-mini-laptop-12-09-2019/
    Peakago will release a 7-inch laptop for less than $300.
    https://www.priceboon.com/peakago-will-release-a-7-inch-laptop-for-less-than-300/
  • 8インチUMPC「CHUWI MiniBookネオ」
    8インチUMPC「CHUWI MiniBookネオ」
    49,800円-74,800円
    CHUWI社(中華人民共和国広東省深セン市)製ウルトラモバイルPC「CHUWI MiniBook」シリーズの強化版「CHUWI MiniBookネオ」の登場です。
    クラウドファンディング米Indiegogoにて現在キャンペーン中です。
    MiniBook-Mobile Workstation In Your Hand
    https://www.indiegogo.com/projects/minibook-mobile-workstation-in-your-hand#/

    「CHUWI MiniBookネオ」はCPU、メモリ、ストレージを強化したモデルです。
    OSには、Windows 10 homeを搭載し、もちろん日本語を選択することが可能です。バックライト付日本語キーボードです。
    8インチタッチパネル式IPS液晶ディスプレイを搭載し、360度ディスプレイを回転させることができるYOGAタイプで、テントやタブレットとして使用することが可能です。
    CPUは、Intel Core m3-8100Y、メモリは16GB、ストレージは512GB NVMe SSD
    M.2 SSD空きスロットを装備し、コスト削減を図りつつ、柔軟な拡張性も両立させています。
    キーボードバックライトを搭載し、200万画素カメラ、指紋認証センサーも搭載です。
    MicroSDカード対応で、多彩な端子を装備しています。ポインティングデバイスには、光学式を採用しています。
    本体カラーはグレイです。
  • 8.9インチUMPC「MAG1」
    8.9インチUMPC「MAG1」
    77,800円-99,800円
    Magic-Ben社製8.9インチUMPC「MAG1」の予約受付を開始いたします。
    ディスプレイは8.9インチのIPS液晶で解像度は2,560×1,600で、アスペクト比は16:10となっています。
    CPUはIntel Core M3-8100Yです。メモリとストレージの組み合わせは8GB/256GBと16GB/512GBの2種類です。
    8.9インチUMPC「MAG1」は、中国のEコマース大手「JD.com(京東商城)」で、2019年9月25日12時より予約受付を開始し、既に予約台数は5,000台を突破いたしました。
  • ウルトラモバイルPC「OneMix 3」
    ウルトラモバイルPC「OneMix 3」
    59,800円-134,800円
    One Netbook社(中国・深セン)製UMPC「OneMix 3」「OneMix 2S」です。
    GPD WIN/GPD Pocketシリーズが火付け役となり、ウルトラモバイルPC(以下、UMPCと称す)が一部で静かなブームです。
    そんなUMPCブームの新たな参加者から第三世代の投入です。中国メーカーの一つとして知られるVOYO社 http://en.myvoyo.com/の系列企業であるOne Netbook社が第三世代のUMPCを発売します。
    2019年4月24日に発表された第三世代の最新UMPC「OneMix 3」。
    前作からの強化点は、ディスプレイとバックライトキーボードと筆圧検知、薄型化です。
    ディスプレイが前作が7インチだったのが、8.4インチになり、解像度が2560×1600となりました。
    初号機にはあったバックライトキーボードが前作では無くなっていましたが、今回、復活しました。
    筆圧検知が4096段階と倍増しました。
    厚みが前作17mmだったのが、おそらく15mmになりました。
    以下は前作「OneMix 2S」の説明です。
    そんなUMPCブームの新たな参加者から第二世代の投入です。中国メーカーの一つとして知られるVOYO社 http://en.myvoyo.com/の系列企業であるOne Netbook社が第二世代のUMPCを発売します。
    CEATEC JAPAN 2018でも実機が展示され、メーカーが日本市場の本格参入に高い意欲を示している製品です。メーカーは日本の技適マークも認証取得の意向手続き中です。
    第二世代UMPC「OneMix 2S」は、本体サイズが182×110×17mmと小型で持ち運びに大変便利です。OSには、Windows 10 homeを搭載し、もちろん日本語を選択することが可能です。
    前作からの強化点は、CPUとストレージと指紋認証センサーです。CPUは、Intel Core M3-8100Yとなり、ストレージはSSDの256/512GB(ブレミアレッド)で大容量化、高速化されました。指紋認証センサーは新たに搭載されました。
    7インチタッチパネル式IPS液晶ディスプレイを搭載し、360度ディスプレイを回転させることができるYOGAタイプで、テントやタブレットととして使用することが可能です。更に2048段階の筆圧対応で、描画にも使えます。
    MicroSDカード搭載で、従来機にはない多機能さです。ポインティングデバイスには、赤外線センサー方式を採用しています。
  • Cosmo Communicator日本語キーボード版
    Cosmo Communicator日本語キーボード版
    97,800円-268,000円
    舶来ガジェット(東京都港区南青山)は、英Planet Computers社製PDA「Cosmo Communicator」の日本国内における予約受付を開始すると発表しました。
    英Planet Computers社製PDA「Cosmo Communicator」は、日本時間2018年11月5日18時よりスタートしたクラウドファンディング米Indiegogoでの目標金額の20万ドルをわずか4時間で突破し、製品化が決定され、今なお増額中です。
    Cosmo Communicator
    The ultimate mobile communicator - a pocket computer, mobile phone and camera - all in one!
    https://www.indiegogo.com/projects/cosmo-communicator/x/14840122#/
    往年のあの名機PDA「Psion」(サイオン)を手がけたデザイナーのMartin Riddiford氏がデザインした「Gemini PDA」を世に送り出した英Planet Computers社の新製品です。
    今回もMartin Riddiford氏がデザインした「Cosmo Communicator」は、キーボード付小型Androidノートパソコンです。メインディスプレイとして5.99インチディスプレイを搭載。バックライト付きの物理キーボードを装備します。キーボードレイアウトは日本語キーボードを含む9種類が用意されています。
    SoCはMediaTekのHelio P70で、メモリは6GB、ストレージは128GBで、microSDスロットもあります。大きさは閉時で17.14×7.93×1.6cm、重量は320gです。
    カメラは2400万画素で閉じたまま撮影できます。外部端子としてUSB Type-C端子を本体の左右に装備します。通信では、LTEモデムを搭載。VoLTEによるデュアルSIM(片方はeSIM)による同時待受(DSDV)をサポートします。
    天面のサブディスプレイはタッチ対応2インチフルカラー有機ELです。閉時の着信表示などカスタマイズも可能です。指紋認証センサーも装備し、着信応答にも使えます。
    OSはAndroid 9 Pieを搭載しますが、オプションとしてSailfish OSやDebianのようなLinux系OSとのマルチブートも選択可能です。

  • Google Pixel Slate
    Google Pixel Slate
    16,440円-264,840円
    米Google社製「Google Pixel Slate」の日本国内における輸入販売です。
    2018年10月9日に米Google社によって発表された新製品「Google Pixel Slate」ですが、残念ながら日本は販売対象外国です。やむを得ず、米Google社非公認で輸入販売いたします。
    「Google Pixel Slate」はChrome OSを搭載した2in1コンバーチブル型の「Chromebook」です。
    米Google社はG Suiteの統合、デスクトップ版のChromeブラウザ、Androidアプリの使用を可能にするGoogle Playの統合、再設計されたChrome OSと連携するAIツール群をアピールしています。「Google Pixel Slate」はディープラーニングによって、ユーザーの使用状況に基づいてアプリランチャーがカスタマイズされます。
     
    「Google Pixel Slate」は3000×2000ピクセル(293ppi)のディスプレイ、2基の前面スピーカ、4Gバイト~16Gバイトのメモリを備えます。左右の側面にそれぞれ1基のUSB-Cポートが配置されています。
    別売りのキーボード「Pixel Slate Keyboard」は丸いキーを備えており、タブレットの下側面に接続することができます。

1

(カテゴリー内 : 7点)

カートの中身

カートに商品は入っていません