AR

  • ARスマートグラス「GLOW」
    ARスマートグラス「GLOW」
    36,800円-49,800円
    香港MAD Gaze社製ARスマートグラス「GLOW」の予約受付を開始いたします。
    香港MAD Gaze社は、以前の社名はDragon Creative Enterprise Solutionといい、MAD GazeシリーズのARスマートヘッドセット群をキックスターターを通じてリリースしており、その最新プロダクトです。
    香港MAD Gaze社製ARスマートグラス「GLOW」は、クラウドファンディングプラットフォーム米キックスターターで、10万香港ドルの目標に対して、現在145万香港ドルを集め、製品化が決定しております。
    対角視野角の違いにより、「GLOW Plus」と「GLOW」の2つのバージョンがあります。
    FINAL HOURS On Kickstarter: MAD Gaze GLOW Portable 118" Screen AR Smart Glasses
    https://www.youtube.com/watch?v=cYIpITFZlD4
    MAD Gaze Mixed Reality Smart Glasses GLOW Prototype - Foldable & Lightweight!
    https://www.youtube.com/watch?v=x73nR8D5FUw
    本体重量75g、スマートフォンとUSB-C接続し、「GLOW Plus」の視野角は53度、「GLOW」の視野角は45度、空間コンピューティング技術「SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)により、空間認識を行います。
    118インチの大画面が楽しめるARスマートサングラス「GLOW Plus」
    移動中に手ぶらで、大画面の映画鑑賞が楽しめます。
    GLOWは、タブレットやノートPCにとって代われるハイブリッド型MRスマートグラス。
    USB-Cディスプレイポート経由でスマートフォンに接続すれば、スマホに触れずにスクリーンコンテンツを楽しめます。
    リアリティとイマジネーションを融合
    簡単プラグアンドプレイ
    軽量・折りたたみ可能・ポータブル
    重さたった75gで邪魔にならない折り畳み可能デザイン。ポケットにも簡単にフィットします。
    ぴったりフィット
    瞳孔間距離(IPD)にフィットし、疲労や吐き気を低減するように設計。ディスプレイを調整する必要はありません。
    小型デバイスでも大画面
    コンパクトで軽量なだけではなく、鮮明でクリアなイメージを投影。最高の画質でゲームをプレイしたり、映画鑑賞できます。
    ポケットサイズのパーソナルシネマ
    ポケットに収まるパーソナルシネマとしても活躍。3メートル離れたところから90インチ「GLOW」のスクリーンで見ている時のように、お気に入りの映画に没頭。
    3Dビューイング
    2Dコンテンツ以外にも、3Dムービーを視聴可能で、驚きの視聴体験を楽しめます。
    ゲームにも
    大画面/鮮明なディスプレイでゲームをプレイしたり、手の動きですべてをコントロール。ジョイスティックやキーボードとペアリングすることも可能です。
    FPVでドローンを飛ばす
    ドローンを飛ばしながら画面を見下ろすのはなかなか難しいもの。GLOW があればFPV(一人称視点)でドローンを飛行させられます。
    長寿命バッテリー
    バッテリー供給は、接続されたスマートフォンから。連続使用の場合でも最大5時間使用可能で、追加のデバイスを充電する必要もありません。
    開発者向け
    Unityに対応。開発者向けに無料でSDKが配布されます。
  • スマートグラス「Nreal Light」開発者版
    スマートグラス「Nreal Light」開発者版
    139,800円-169,800円
    Nreal社製スマートグラス「Nreal Light」開発者版の取扱を開始すると発表しました。
    Nreal社は、元Magic Leapのエンジニアらが立ち上げた中国のスタートアップ企業です。
    Nreal社製スマートグラス「Nreal Light」は、5Gサービスにおける戦略製品として、KDDIとパートナーシップ契約を結び、メルカリが実証実験に参画しております。
    KDDIとnreal、スマートグラス事業でのパートナーシップ締結
    https://www.au.com/5g/article_46_entertainment_vr_ar/
    スマートグラス「nreal light」を活用した実証実験パートナー第一弾として「メルカリ」が参画
    https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2019/06/11/3857.html
    Nreal社製スマートグラス「Nreal Light」は、2020年第一四半期に一般向け販売を予定しており、開発者版の出荷開始を今月2019年9月後半と公式にアナウンスいたしました。
    開発者版は、サービス事業開発者、企画者、開発者、研究開発者向けの製品です。
  • ARヘッドセット「DreamGlass Air」
    ARヘッドセット「DreamGlass Air」
    29,800円-119,800円
    DreamWorld AR社製ARヘッドセット「DreamGlass Air」の予約受付を開始いたします。
    クラウドファンディングプラットフォーム米Kickstarterで、目標額1万5000米ドルを5分で突破し、製品化が決定いたしました。現在、1321人から39万9000米ドルを集め、なお増加中です。
    「DreamGlass Air」は、透過型ディスプレイを搭載したARヘッドセットで、スマホやPC、ゲーム機の画面を目の前のディスプレイに映像を表示して見ることができます。複数の映像ウィンドウを並べて表示することもできます。ヘッドトラッキング機能が搭載されており、映像ウィンドウを固定できるため、料理本やマニュアルを見ながら作業ができるとしています。
    上位機種の「DreamGlass プロスペシャル」もあります。
  • ARヘッドセット「Magic Leap One」
    ARヘッドセット「Magic Leap One」
    380,000円-520,000円
    Magic Leap社製ARヘッドセット「Magic Leap One」の輸入販売です。
    GoogleやQualcomm、Alibabaなどから2,500億円もの巨額の資金調達を行い、AT&Tが独占販売権を7,000億円で獲得することを決定するなど、話題は豊富ながらも、詳細はベールに未だ包まれているARヘッドセット「Magic Leap One」。
    販売対象地域はアメリカ国内の6都市限定だったのが、アメリカ国内の全都市に拡大されましたが、日本で入手不可能なのは間違いありません。
    また、配送時にMagic Leap社スタッフにより、サイズ確認とセットアップがなされるので他人に頼むのも困難です。
    この入手困難な「Magic Leap One」を当店の伝手を駆使して入手して、日本の皆様にお届けいたします。
    「Magic Leap One」は3つの部分で構成されています。ヘッドセット部分の「Lightwear」、それに接続する円形のクリップ式小型PC「Lightpack」、片手で使えるワイヤレスコントローラ「Control」です。

1

(カテゴリー内 : 4点)

カートの中身

カートに商品は入っていません