• LTE対応世界最小4Gミニスマホ「Melrose S9 Plus」
    LTE対応世界最小4Gミニスマホ「Melrose S9 Plus」
    9,800円-17,800円
    LTE対応SIMフリー世界最小4Gミニスマホ「Melrose S9 Plus」
    ついに世界最小を更新しました。「Melrose S9 Plus」は、LTE 4Gに対応したスマートフォンです。本体サイズ91×43×8.8mmに、500万画素のカメラ、大容量1580mAhを搭載しております。日本語ロケールを搭載し、日本語対応です。
  • NEOGEO mini インターナショナル版
    NEOGEO mini インターナショナル版
    8,000円-31,800円
    「NEOGEO mini インターナショナル版」の逆輸入販売です。
    「NEOGEO mini」は、1990年に誕生したゲームプラットフォーム「NEOGEO」の多彩なラインアップの中から、名作・傑作タイトルを40作品内蔵したゲーム機です。ゲーム機本体に、3.5インチの液晶ディスプレイを搭載しており、TVモニターに接続しなくても好きなゲームをお楽しみいただけます。また、TV出力用にHDMI端子を装備しており、TVモニターでも好きなゲームをお楽しみいただけます。追加で専用コントローラを2個まで増設できます。
    「NEOGEO mini インターナショナル版」について
    1990年代に登場したNEOGEOのアーケード筐体をモチーフしたNEOGEO miniとは異なり、NEOGEO mini インターナショナル版は黒、白、青を基調にしたシンプルでモダンなデザインが特徴です。また収録タイトルも40タイトルの内、14タイトルが異なり、アクションゲームを多く収録しています。その他機能については、NEOGEO miniと同様です。
    製品名:NEOGEO mini インターナショナル版
    公式:https://www.snk-corp.co.jp/us/neogeomini/img/main/ngm_international.jpg
    輸入販売:舶来ガジェット http://hakurai.jp/
    出荷開始予定:2018年11月→出荷中(メーカーと小売店の販売規制により、時間がかかっております)
    価格(税送料込):
    本体のみ 24,800円
    本体+専用コントローラ1個セット  31,800円
    専用コントローラ単体 8,000円
    支払い方法:注文時に銀行送金のみ
    販売URL:http://hakurai.jp/
    仕様
    液晶サイズ:3.5インチ
    外形寸法/質量: W108mm×D135mm×H162mm/390g
    付属品:電源ケーブル(2m/Type C)※ACアダブターは含みません
    接続端子:HDMI端子(TV出力用)、ヘッドホン端子、外部コントローラー端子×2
  • PUNKT. MP02日本語版
    PUNKT. MP02日本語版
    44,800円-49,800円
    PUNKT.社製デザイナーズミニマリストフォン「MP02(以下、PUNKT. MP02と称します)」です。
    Punkt.社は、ペーター・ネイビーが2008年に設立したハードウェア・スタートアップでスイスとドイツに拠点を持ちます。社名は日本語の「点」、英語の「ピリオド」を意味し、デザインがシンプルであることに加え、製品が長持ちし、コンシューマーが長く愛用するコンセプトの優れたプロダクトを生み出すことを志向していることを表現しています。
    「PUNKT. MP02」をデザインしたジャスパー・モリソン(Jasper Morrison)は、ロンドン出身のプロダクトデザイナーであり、ロンドン王立芸術学院を卒業後、ベルリンにてデザインを学び、1986年にデザイン事務所Office for Designを設立しました。現在は東京・ロンドン・パリに居住しながら世界各地を移動し、家具から交通機関まで、多岐に渡るデザインを手がけています。簡潔かつ、変わらぬ価値を持ち続ける普遍的なデザインに特徴があります。現在最も影響力のあるプロダクトデザイナーの一人です。 日本での代表作は、無印良品 「ふっくら成型ソファ」「置き型時計」などです。ジャスパー・モリソンについて詳しくはhttp://www.jaspermorrison.com/を参照して下さい。
    「PUNKT. MP02」は、ロンドンのデザインフェスで現地時間9月17日、先代PUNKT. MP01の後継モデルとして発表されました。
    画面サイズは、2インチでモノクロテキスト表示が主です。太陽の下でも視認性が高いという半透過型LCDスクリーンはGorilla Glass 3で保護されています。CPUにはQualcomm Snapdragon 210、OSはAndroid AOSP 8.1、メモリ2GB、ストレージ16GBという構成で、シングルNanoSIMスロット、インターフェイスはUSB-Cとなっています。
    バッテリー容量は1,280mAh、スタンバイは12.5日間、連続通話時間は4.2時間です。
    本体サイズは117×51.3×14.4mm、重量は100gです。筐体はグラスファイバー製で、防塵・防水性能はIP52です。
    セキュリティ面ではBlackBerryブランド以外では世界初のBlackBerry Secureを組み込んでいます。
    アプリは目覚まし時計、ストップウォッチ・タイマー、世界時計、カレンダー、リマインダー付きメモ帳、計算機が用意されています。
    シンプルなフィーチャーフォンの再評価が高まっている昨今、「PUNKT. MP02」は、まるで電卓のような外観と、画面表示までほぼテキスト表示のみという突き詰めたシンプルさで異彩を放ちます。
    テザリングとVoLTEに対応した4G対応で、ドコモのLTEバンド19をサポートしています。
    最新ニュース実績
    ミニマリスト向けの4Gケータイ「Punkt. MP02」がカッコイイ
    http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1810/28/news017.html
    シンプルケータイを突き詰めると、端末デザインは電卓スタイルにたどりつくのか?
    https://www.digimonostation.jp/0000155444/?more_flag=true#more-155444
    ドイツのPunkt.による、ミニマリストに捧げたい究極の最新ケータイ
    https://www.gizmodo.jp/2018/09/german-punkt-smartphone.html
    日本で発売!?2.0型『PUNKT. MP02』予約開始、ドコモB19対応などスペック・価格
    https://tabkul.com/?p=187453
    Punktからとてもシンプルな「MP02」という4G対応フィーチャーフォンがリリースされます。
    https://www.helentech.net/android/featurephone/2018/09/2950/
    iPhoneと一緒に持ち運びたい、ミニマリズムデザインの4Gケータイが日本登場か
    https://japanese.engadget.com/2018/09/23/iphone-4g/
    通話とテキストに特化したミニマリスト向けスマホ「Punkt MP02」、予約受け付け開始
    https://techable.jp/archives/83618
  • Qin 1s
    Qin 1s
    13,600円-16,600円
    中国シャオミ社製4G/AIフィーチャーフォン「Qin 1s」です。
    中国シャオミ社は、4G/AIフィーチャーフォン「Qin 1s」をクラウドファンディングで商品化することを2018年8月に発表し、同年9月から出荷を開始しました。
    シンプル、エレガントなデザインのフィーチャーフォンです。
    通話はもちろん、家電リモコン、目覚まし時計、天気のチェック、ラジオ機能を搭載。中国語と他17言語の双方向音声翻訳、中国語による音声操作によるAIアシスタント機能でアラーム設定などが可能です。
    舶来ガジェットでは日本未発売の海外製品の輸入販売を行っています。
  • Red Magic Marsグローバル版
    Red Magic Marsグローバル版
    7,200円-85,800円
    中国Nubia社製ゲーミングスマートフォン「Red Magic Mars(紅魔軍神)」です。2018年4月にリリースしたRed Magicの第二世代で、SoCがSnapdragon 835からSnapdragon 845に強化されたモデルです。
    独立キーにより瞬時にゲームを邪魔する通知や電話連絡を遮断し、CPUクロックアップをしたり、CPUの状態や温度、その他ゲームに関するモニター情報に簡単にアクセスできます。
    独自の空冷機構も大幅に強化し、空気が4方向に対流するように設計されています。
    ディスプレイは日本製。ジャパンディスプレイ社製6.0インチTFT液晶を搭載しています。
    1680万色に光る背面LEDイルミネーションのギミックを搭載しています。
    DTS 7.1チャンネルの3Dサラウンドにも対応するステレオスピーカーに、ボイスチャット時に便利なエコーキャンセル機能やノイズリダクション機能も搭載しています。
    別売で専用コントローラがあります。
  • Xiaomi Mi 6X 初音ミク限定モデル
    Xiaomi Mi 6X 初音ミク限定モデル
    79,800円
    「Xiaomi Mi 6X 初音ミク限定モデル」国内販売です。
    初音ミクは今年誕生10周年を迎えます。「Xiaomi Mi 6X 初音ミク限定モデル」は、中国Xiaomi社とクリプトン・フューチャー・メディア株式会社による中国国内向け公式商品であり、日本では未発売で、入手困難な商品です。
    今回デザインしたのは、日本人イラストレーター・豆の素さんです。キャラクターデザインとパッケージイラストを担当されました。
    特別パッケージはインテリアに最適な立体的な宝箱のデザインを採用し、カスタムメイドの透明シリコンケース、容量1万mAhのモバイルバッテリーなどを付属します。
    初音ミクオリジナルOSを採用し、動く待ち受け画面など、初音ミクの世界観満載です。
    "みんなみくみくにしてあげる"
  • アマゾン社製AIミニカー「DeepRacer」
    アマゾン社製AIミニカー「DeepRacer」
    79,800円-84,800円
    アマゾン社製AIミニカー「DeepRacer」です。日本未発売商品です。 
    アマゾン社は、ラスベガスで開催されたre:Invent 2018で、世界初となるAIミニカー「DeepRacer」を発表いたしました。この1/18スケールのレーシングカーは、深層学習、強化学習によってコースを自律走行できるようになる自律型ミニカーです。
    「DeepRacer」はおもちゃではありません。深層学習(deep learning)、強化学習(reinforcement learning)対応のAIがトライアンドエラーで、より正確な運転を目指せるようになります。
    「DeepRacer」のプログラミングには、Amazon SageMakerプラットフォームを使用します。「DeepRacer」にはIntel Atomプロセッサと4GBのRAM、ヒート・マップを作る1080p解像度の400万画素のカメラ、WiFi、2時間駆動できるバッテリーなどを搭載しています。
    内蔵ソフトウェアとして、オペレーション・システムとなる「Ubuntu OS 16.04.3 LTS」、ロボット・オペレーティング・システム「ROS Kinetic」、それから視覚情報を制御する「Intel OpenVINO」というコンピューター・ビジョン・ツールキットがAtomプロセッサで走ります。
    「DeepRacer」には、ロボット・アプリケーション・サービス「AWS RoboMaker」による3Dシュミレーション環境も含まれています。
    ユーザはシミュレータに含まれているあらかじめ定義されたレーストラックに対する自律走行アルゴリズムを訓練することができます。また、レーストラックをバーチャルで評価したり、「DeepRacer」の車両にレーストラックをダウンロードし、実際に走行を検証したりできます。
    アマゾン社は来年、ディープレーサー・リーグというレース大会を開催します。
    舶来ガジェットでは日本未発売の海外製品の輸入販売を行っています。
  • アメリカ任天堂製家庭用ゲーム機「NESクラシック・エディション」
    アメリカ任天堂製家庭用ゲーム機「NESクラシック・エディション」
    3,800円-15,800円
    アメリカ任天堂製家庭用ゲーム機「NESクラシック・エディション」は、伝説の家庭用ゲーム機「ファミコン」の復刻版のアメリカ版です。「スーパーマリオブラザーズ」などファミコン向けに発売された人気ゲーム30種類を内蔵しており、HDMI出力により、最新の液晶テレビなどで「パックマン」などがプレイできます。
  • アメリカ任天堂製家庭用ゲーム機「Super NES Classic Edition」
    アメリカ任天堂製家庭用ゲーム機「Super NES Classic Edition」
    17,800円
    アメリカ任天堂製復刻版家庭用ゲーム機「Super NES Classic Edition」は、伝説の家庭用ゲーム機「スーパーファミリーコンピュータ」(通称スーパーファミコン、海外名:Super Nintendo Entertainment System、SNES)の復刻版です。
    16ビット版の「スーパーマリオワールド」などスーパーファミコン向けに発売された人気ゲーム21種類を内蔵しており、HDMI出力により、最新の液晶テレビなどでプレイできます。コントローラのサイズは従来通りでミニではありません。

  • ゲーミングスマホ「Razer Phone2日本語版」
    ゲーミングスマホ「Razer Phone2日本語版」
    2,800円-113,000円
    Razer社製ゲーミングAndroidスマートフォン「Razer Phone2日本語版」の国内販売です。
    「Razer Phone2日本語版」は、同社のゲームに特化したハイエンドスマートフォン「Razer Phone」シリーズの第二世代で、三つ首ヘビのロゴが「Razer Chroma」対応となり、LEDイルミネーションが調光します。日本語ロケールを搭載し、SIMフリーなので格安SIMと組み合わせることが可能です。
    「Razer Phone2日本語版」の前モデルからの主要な強化点をまとめると以下の通りです。
    ・30%高速化
    ・120Hzタッチセンサーを搭載し、俊敏な反応
    ・IP67防塵防滴に対応
    ・Razer Chromaに対応
    ・ワイヤレス充電に対応
    日本国内キャリアバンド対応は以下の通りです。
    NTTドコモ:1/3/19/28
    au:1/18/26/28
    ソフトバンク:1/3/8/28

(全商品 : 33点)

売れ筋商品

カートの中身

カートに商品は入っていません