• 超高性能VRヘッドセット「Pimax」
    超高性能VRヘッドセット「Pimax」
    79,000円-138,000円
    超高性能VRヘッドセット「Pimax」シリーズです。
    「Pimax 5K Plus/5K Business Edition/8K/8K X」は、中国のヘッドセットメーカーPimax Technology社が開発するPimaxシリーズの最新版で、高解像度・広視野角のVRヘッドセットです。同ヘッドセットは2017年9月~11月にクラウドファンディングサービスKickstarterで出資を募り、最終的に420万ドル(約4.6億円)の資金調達を達成しました。
    「Pimax 8K」はCEATEC JAPAN2017で実機が出展され、2018年9月から出荷が一部始まっており、受け取ったバッカーによるレビューによって高い性能が大きな評判になっており、Kickstarterのバッカー向けにまもなく本格的な出荷が始まるとされています。
    今回、Kickstarterのバッカー向けの出荷後の一般販売分の予約を受け付けます。
    メガネのように近接視するヘッドセットは高解像度表示するほどリアル感と没入感が高まります。「Pimax 8K/X」は、3840×2160の液晶パネルを2枚搭載し高解像度表示が可能です。また、人間の目の視野角である220度に近い200度という広い視野角を有しています。
    「Pimax」シリーズは、SteamVRにも対応し、Steamコンテンツをプレイできます。Steamの運営企業であるValve社のトラッキング技術であるLighthouseを使用しているため、HTC Vive用のコントローラーとベースステーションを転用することができます。
    「Pimax」シリーズは、解像度が低めのPimax 5K Plusと、ディスプレイが有機ELで、リフレッシュレートが高いPimax 5K Business Editionもあります。
  • ゲーミングスマホ「Snail MOQI i7S日本語版」
    ゲーミングスマホ「Snail MOQI i7S日本語版」
    34,800円
    Snail Mobile社製ゲーミングスマートフォン「Snail MOQI i7S日本語版」です。
    中国蘇州に本拠地を構えるSuzhou Snail Digital Technology社は、MVNO事業とオンラインゲーム事業を行っており、Snail Mobile社はMVNO部門を主に担っており、ゲーミングスマートフォン販売も行っております。
    Snail Mobile社によって2018年8月3日に発表された「Snail MOQI i7S日本語版」は、Snail Mobile社における第10弾となる最新版ゲーミングスマートフォンであり、ゲームコントローラとGoogleプレイを標準装備しながらも、LTEに対応し、最新のSnapdragon710を搭載した世界最強のゲーミングスマートフォンです。
    前モデルニュース実績
    PlayStation VitaライクなAndroid端末「摩奇i7」が正式発表
    Androidゲームに“最高のゲーム体験”を提供。価格は約3万円より
    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1073206.html
    Vita?いいえスマホです。中華スマホ「Snail i7(摩奇i7)」レビュー
    http://ch.nicovideo.jp/Digital_Core/blomaga/ar1335634
    最新モデルニュース実績
    中国のSnailがゲーミングスマホSnail MOQI i7sを発表
    http://blogofmobile.com/article/105852
  • LTE対応世界最小4Gミニスマホ「Melrose S9 Plus」
    LTE対応世界最小4Gミニスマホ「Melrose S9 Plus」
    9,800円-17,800円
    LTE対応SIMフリー世界最小4Gミニスマホ「Melrose S9 Plus」
    ついに世界最小を更新しました。「Melrose S9 Plus」は、LTE 4Gに対応したスマートフォンです。本体サイズ91×43×8.8mmに、500万画素のカメラ、大容量1580mAhを搭載しております。日本語ロケールを搭載し、日本語対応です。
  • プレイステーション クラシック(PSクラシック)北米版/欧州版
    プレイステーション クラシック(PSクラシック)北米版/欧州版
    16,800円
    「プレイステーション クラシック北米版/欧州版」予約受け付けを開始いたしました。
    プレイステーション(PS)の誕生日である12月3日に、「プレイステーション クラシック」は発売されます。
    「プレイステーション クラシック」は、1994年に発売したプレイステーションのデザインをコンパクトかつ精密に復刻、PSタイトル20作品を収録しています。
    「プレイステーション クラシック北米版/欧州版」は、日本版と収録タイトルに違いがあります。
    「プレイステーション クラシック」は、プレイステーションの外見やボタン配置、コントローラー、外箱パッケージのデザインをほぼそのままに縦横45%、体積80%コンパクトになったものです。
    パッケージには対戦や協力プレイに使えるよう専用コントローラーも2つ同梱し、テレビに接続するためのHDMIケーブルとUSB対応ACアダプタに接続するケーブルが付属します。
    「プレイステーション クラシック北米版/欧州版」の出荷開始は来年2019年1~2月を予定しております。
  • セガサターンAndroidスマホコントローラ
    セガサターンAndroidスマホコントローラ
    8,800円
    英Merchoid社製「セガサターンAndroidスマホコントローラ」予約受け付けです。
    10月29日はメガドライブが発売されて30周年です。記念して、セガ公式ライセンス品である英Merchoid社製「セガサターンAndroidスマホコントローラ」の取扱を開始いたします。
    英Merchoid社製「セガサターンAndroidスマホコントローラ」は、セガサターンのコントーラを模した、Bluetooth接続のコントローラで、Androidスマートフォン/タブレットに対応しています。
    英Merchoid社製「セガサターンAndroidスマホコントローラ」は、SEGA Foreverに対応したスマートフォンコントローラで、今回が初の日本上陸です。日本未対象のSEGA Foreverですが、裏技を使うと、日本でも利用可能です。
    SEGA Foreverは、セガが自社ハードのセガ開発タイトルのほぼすべてをiOS/Android向けに広告付きで無料配信し、少額を払うと広告をオフにできるゲーム配信プロジェクトです。
    第一弾では、メガドライブの5タイトル『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』、『ファンタシースター2』、『コミックスゾーン』、『カメレオンキッド』、『獣王記』などが配信され、拡充されていっています。
    SEGA Forever launch trailer (English)
    https://www.youtube.com/watch?v=NPnCBe0cLos
    SEGA Forever
    http://forever.sega.com/
    SEGAの家庭用ゲームのすべてがスマホに集まる!
    https://www.famitsu.com/news/201706/22136094.html
    「SEGA Forever」国内展開は「慎重に検討していく」―セガが回答
    https://www.gamespark.jp/article/2017/06/23/74244.html
    SEGA Foreverをダウンロードする方法! 未公開アプリのセガフォーエバーをインストールして日本でも遊ぼう
    https://sp7pc.com/gadget/tips/17605
    出荷開始は来年2019年1~2月を予定しております。
  • ゲーム専用スマートフォン「Black Shark Helo日本語対応版」
    ゲーム専用スマートフォン「Black Shark Helo日本語対応版」
    69,800円-85,800円
    ゲーム専用スマートフォン「Black Shark Helo日本語対応版」の輸入販売です。
    Black Shark Technology社製ゲーム専用スマートフォン「Black Shark Helo日本語対応版」の国内販売です。
    Black Sharkシリーズは中国大手スマートフォンメーカーXiaomi社が出資するBlack Shark Technology社がリリースするゲーム専用スマートフォンで、Black Shark Heloはその第二弾で10月23日に発表されました。
  • 米Facebook社製スマートディスプレイ「Portal」
    米Facebook社製スマートディスプレイ「Portal」
    29,800円-49,800円
    米Facebook社製スマートディスプレイ「Portal」の輸入販売です。
    アマゾンとグーグルが壮絶な闘いを繰り広げる家庭向けスマートスピーカー/ディスプレイ市場に、ついに米Facebook社が参入します。
    日本は販売対象地域ではないため、輸入販売いたします。
    Portalは本体のカメラとディスプレイを利用し、スマートフォンやタブレット向けMessengerアプリを通して通話やビデオ通話が可能です。
    また、同社のAR(拡張現実)技術「Spark AR」を搭載しており、通話中の顔にデコレーションすることができます。
    なお、大画面のPortal+はディスプレイを90度回転でき、横長・縦長どちらのビデオ通話にも対応しています。
    カメラは対象を自動追尾することができ、プライバシーに配慮して映像音声は簡単にオフにすることができ、カメラカバーも付属しています。
    アマゾンのアレクサも搭載しており、アマゾンに注文もできます。
  • 米Analogue社製メガドライブ互換機「Mega Sg」
    米Analogue社製メガドライブ互換機「Mega Sg」
    3,800円-32,800円
    米Analogue社製メガドライブ互換機「Mega Sg」予約受け付けです。
    10月17日、クラシックゲーム互換機メーカーの米Analogue社はセガのメガドライブ互換機「Mega Sg」を発表しました。これまでに、ファミコン互換機Nt Miniやスーパーファミコン互換機Super Ntなどを手がけて高い評価を得て実績のある互換機メーカーの新製品となります。いずれもオリジナルのゲームカートリッジやコントローラを利用してプレイできる互換機で、ソフトウェアエミュレーションではなく、「Altera Cyclone V」というFPGA半導体チップとHDL(ハードウェア記述言語)を用いて、ハードウェアそのものを100%再現しています。
    今回のメガドライブ互換機「Mega Sg」も、100%の互換性を保証しています。
    「Mega Sg」は、ROMカートリッジが使用可能な上に、リージョンフリーで、メガCDと北米版のSega CDどちらも接続可能で、CDゲームもプレイすることができます。
    「Mega Sg」は、メガドラソフトのほか、同梱されたアダプタによりマスターシステム用ソフトもプレイすることができます。2019年には、マークIIIやゲームギア、マイカード、SG1000/1000II、SC-3000に対応するアダプタが個別にリリースされます。
    高度な音質の再現性、高音質にも定評があり、メガドライブの音源チップYM2612もFPGAにより実装しています。Suer Ntと同じオーディオ回路とパーツを使い、本家メガドライブよりも音響が優れています。
    映像音声出力はHDMIで、解像度は1080pにアップスケールされて遅延はなく、オーディオは48KHz、16bitのデジタル出力に対応しています。
    本体にコントローラは同梱されず、、8BitDoの2.4GHzワイヤレス接続コントローラが別売されます。3/6ボタンメガドラパッドは、そのまま使えます。
    出荷開始は来年2019年4月を予定しております。
  • 米アタリ社製家庭用ゲーム機「Atari VCS」
    米アタリ社製家庭用ゲーム機「Atari VCS」
    3,800円-40,400円
    米アタリ社製据え置き型家庭用ゲーム機「Atari VCS」予約受け付けを開始いたしました。
    米アタリ社は、米アップル社のスティーブ・ジョブズ氏が勤めていたゲーム開発会社としてもあまりに有名です。米アタリ社製家庭用ゲーム機「Atari」シリーズは往年の名機です。
    そのシリーズの新型がクラウドファンディングでよみがえりました。2018年5月30日より、クラウドファンディングサービス米Indiegogoでの目標金額の10万ドルをわずか数十秒で突破し、製品化が決定し、現在300万ドルを突破して今なお増額中です。
    Atari VCS: Game, Stream, Connect Like Never Before
    https://www.indiegogo.com/projects/atari-vcs-game-stream-connect-like-never-before-computers-pc#/
    「Atari VCS」は、Linuxベースで、アーケードやAtari 2600形式の100以上の往年の有名なアタリ製ゲームタイトルが内蔵され、加えて『Tenpest 4000』など、様々な新作タイトルも準備され、オンラインプレイにも対応します。
    なお、本体にはオプションのジョイスティックやコントローラだけでなく、マウスやキーボード、外部ストレージ、Webカメラ、マイク、ヘッドフォンなどを接続することが可能です。
    現在、開発作業は順調に進められており、バッカーに購入動機などのアンケート調査が行われました。出荷開始は来年2019年7月を予定しております。

  • ミニコモドール64
    ミニコモドール64
    4,800円-17,800円
    Retro Games社製レトロコンピュータ「ミニコモドール64」の輸入販売です。
    コモドール64(Commodore 64)は、米コモドール社が1982年1月に発表した8ビットホームコンピュータであり、1機種として2200万台を出荷、歴史上もっとも売れたホームコンピュータとしてギネスブックに載っています。
    創業者であるジャック・トラミエル(故人)は、有名な言葉を残しています。
    "We need to build computers for the masses, not the classes"
    「私たちは、一部の金持ち階級のためでなく、大多数の一般大衆のためのコンピュータを作らなければならない。」
    「ミニコモドール64」はコモドール64のフルスペックを、1/2スケールの本体サイズで再現しました。専用ジョイスティックも1個同梱し、HDMIで720p出力、2つのUSBポートを備えています。ゲームタイトルは往年の名作が64本内蔵しています。
    汎用USBキーボードを接続することで、BASICプログラムが可能で、子ども向けのプログラム学習に活用可能です。

(全商品 : 29点)

売れ筋商品

カートの中身

カートに商品は入っていません