• 総合レトロゲーム互換機「ポリメガ」
    総合レトロゲーム互換機「ポリメガ」
    5,300円-151,800円
    総合レトロゲーム互換機「ポリメガ」国内予約受付です。

  • ゲームボーイ互換機「Analogue Pocket」
    ゲームボーイ互換機「Analogue Pocket」
    1,900円-37,800円
    米Analogue社製ゲームボーイ互換機「Analogue Pocket」の予約受け付けを開始いたしました。
    2019年10月16日、クラシックゲーム互換機メーカーの米Analogue社は任天堂のゲームボーイ互換機「Analogue Pocket」を発表しました。これまでに、ファミコン互換機Nt Miniやスーパーファミコン互換機Super Nt、メガドライブ互換機Mega Sgなどを手がけて高い評価を得て実績のある互換機メーカーの新製品となります。
    いずれもオリジナルのゲームカートリッジやコントローラを利用してプレイできる互換機で、ソフトウェアエミュレーションではなく、「Altera Cyclone V」というFPGA半導体チップとHDL(ハードウェア記述言語)を用いて、ハードウェアそのものを100%再現しています。
    今回のゲームボーイ互換機「Analogue Pocket」も、ゲームボーイ、ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンスのカセットの100%の互換性を保証し、本体のみで2780本以上のタイトルに対応するとしています。有線マルチプレイも対応です。
    デジタルオーディオワークステーション「Nanoloop」を内蔵し、シンセサイザーとシーケンサーとしても動作します。
    また、別売オプションのアダプタ(価格未定。10~15ドル想定)により、ゲームギア、ネオジオポケットカラー、Atari Lynxのカートリッジなどにも対応可能としています。
    また、別売オプションの「Analogue Dock」(価格未定)は、HDMI出力に対応し、有線コントローラ用のUSB端子を2つ装備します。8BitDo社の Bluetoothコントローラによる無線接続にも対応しています。
    出荷開始は2020年のいずれか→2021年5月を予定しております。
    ご参考海外ニュース:https://www.polygon.com/2019/10/16/20913509/analogue-pocket-game-boy-color-advance-gba-cartridges
  • F(x)Tec Pro1-X
    F(x)Tec Pro1-X
    103,800円-162,800円
    スライドキーボード搭載スマホ「F(x)Tec Pro1-X」一般販売

    英国F(x)Tec社製スライドキーボード搭載スマートフォン「F(x)Tec Pro1-X」の一般販売を開始すると発表いたしました。

    英国F(x)Tec社は、2019年にスペイン・バルセロナで開催されたモバイル通信見本市「MWC Barcelona 2019」で前端末「F(x)Tec Pro1」を発表しましたが、「F(x)Tec Pro1-X」はその後継の新端末です。

    英国F(x)Tec社は、2017年にクラウドファンディングを実施したMoto Z向けの拡張ユニット「Keyboard Mod」を開発していたLivermorium社を前身とするモトローラ・グループのスタートアップ企業です。Keyboard Mod自体は2018年にごく少数を出荷したのちにプロジェクト終了となりましたが、そのリソースを活かし、スライドキーボードを備えた前機種「F(x)Tec Pro1」をリリースしましたが、出荷の途中で未達組も新端末「F(x)Tec Pro1-X」に変更されました。

    特長

    ・Android 11/LineageOS/Ubuntu TouchからブートOSを選択可能
    ・スライド式QWERTYキーボードを搭載

    いよいよこの新端末の出荷開始にあわせて、一般販売分の予約受付を開始いたします。
  • レトロゲーム機「レトロペディアジャンボリメイク」
    レトロゲーム機「レトロペディアジャンボリメイク」
    2,800円-26,800円
    「入手困難」「超神機」と噂のレトロゲーム機「レトロペディアジャンボリメイク」

    舶来ガジェット(東京都港区南青山)は、Retropedia社製レトロゲーム機「レトロペディアジャンボリメイク」を新発売いたしました。

    「レトロペディアジャンボリメイク」は、「入手困難」「超神機」と噂だったレトロゲーム機名機前作レトロペディアジャンボの後継進化版です。
    ソフトウェアが一から作り直されました。すべてのコンテンツが再整理されました。真新しいUIが搭載されています。ハードウェアの安定性も向上しています。
    シンプルで実用的な機能が魅力
    ゲームデータをセーブすること、お気に入りを保存、カスタマイズすることとボタンを配置することができます。
    キオスクモードを解除せず、コントローラーを適応することができます。
    対応エミュレーターは以下の通りです。

    アーケード、PCエンジン、PCエンジンCD、PCエンジンSuperGrafx
    ファミコン、ファミコンディスクシステム、スーパーファミコン
    ゲームボーイ、ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンス
    32X、マスターシステム、メガドライブ、メガCD、SG1000
    ワンダースワン、ワンダースワンカラー、MSX、MSX2、プレイステーション
    ネオジオポケット、ネオジオポケットカラー、ゲームギア

    家庭用据え置き型ゲーム機で、HDMI出力が可能でです。
    他に以下の互換コントローラなどが使用可能です。

    ファイティングエッジ刃 for PS4 / PC (型番: PS4-098)
    MCZ FightStickTE2+
    MCZ FightStickAlpha
    8BitDoSN30Pro USB gamepad
    8BitDoM30(USBケーブルで接続)
    8BitDoSNES30(USBケーブルで接続)
    8BitDo SN30 (USBケーブルで接続)
    8BitDoN30ARCADE STICK(USBケーブルで接続)
    ファイティングスティック mini for NS (型番 : NSW-149)
    DS3(USBケーブルで接続)
    DS4 V2(USBケーブルで接続)
    XONE controller(USBケーブルで接続)
    XSS controller (USBケーブルで接続)
    XSX controller (USBケーブルで接続)
    X360 WirelessReceiver
    ターボパッド for PC-E mini(型番 : HTG-003)
    Logicool F310
    Logicool F510
    Logicool F710
    MD mini controller

    注意事項

    ・お住まいの地域のコンセント(出力:5V/2A)に適合する汎用USBACアダプタを使用してください。
    ・設定情報とゲームデータを保存するには、MicroSDカード(別売)を差し込む必要があります。
    ・テレビは1080p入力をサポートする必要があります。
    ・SDカードのファイルシステムを損なうことを避けるために、メインメニューに戻った後電源をオフにすることをお勧めします。
    ・少数のゲームは、アナログスティック付きのコントローラーを使用する必要があります。
    ・セットにはコントローラーとキーボードは付いておりません。【互換性コントローラーのおすすめ商品の一部】を参照してご購入ください。あるいは、専用コントローラーをご購入していただくことができます。
  • 中華ポータブルレトロゲーム機「Miyoo Mini」
    中華ポータブルレトロゲーム機「Miyoo Mini」
    8,800円-14,800円
    縦型2.8インチ液晶搭載、軽量・超小型のポケットサイズの、中華ポータブルレトロゲーム機です。
    各種エミュレーター対応です。

    Miyoo Mini Is China’s Attempt At The Gameboy Mini

    Miyoo Mini handheld
    https://www.youtube.com/watch?v=gpAJWj3qHTI
  • 13.3インチモバイルキーボードディスプレイ「UPERFECT X」
    13.3インチモバイルキーボードディスプレイ「UPERFECT X」
    36,800円-58,800円
    UPERFECT社製キーボード一体型13.3インチモバイルディスプレイ「UPERFECT X」の取り扱いを開始すると発表いたしました。
    13.3インチ10ポイントタッチスクリーンのキーボード付きモバイルディスプレイです。
    インターフェイスにUSB Type-CとMini HDMIを装備し、iPhone、スマホ、ミニPC、ゲーム機などを接続することができます。

    レビュー記事(当店とは無関係です。)

    UPERFECT X : キーボード一体型モバイルディスプレイを試す
    http://mikioblog.dolphinsystem.jp/2021/07/uperfect-x.html

    13.3インチ キーボード付きポータブルモニターの特徴。ミニPCやスマホとの接続で活躍すること間違いなし
    https://www.sumahoinfo.net/entry/uperfect-x-spec/
  • Android携帯ゲーム機「Retroid Pocket 2+」
    Android携帯ゲーム機「Retroid Pocket 2+」
    13,800円-21,800円
    Android携帯ゲーム機「Retroid Pocket 2+」

    RETROID社製携帯ゲーム機「Retroid Pocket 2+」はAndroid 9.0 を搭載し、スタイリッシュな筐体に5色のカラーバリエーションの前作から約1年ぶりのマイナーバージョンアップしたAndroid携帯ゲーム機です。

    カラーバリエーションは、ベーシックなオレンジ・ブラックに加え、ニンテンドーゲームキューブ風なインディゴ、スーパーファミコン風の16ビット、ゲームボーイ風なレトロの全5色です。

    Retroid Pocket 2+ | Crash Nitro Kart | GameCube
    https://www.youtube.com/watch?v=kguyS-fUFEM

    ユーザーにより多くの満足感を提供するために再設計されました。
    Retroid Pocket2 +には以下が含まれます。

    ・新しい強力なプロセッサ

    ・メモリを2倍化

    ・ストレージ容量の4倍化

    ・レスポンシブタッチスクリーン

    ・再設計されたコントロール

    ・より高速なWi-Fi

    ・Bluetoothパフォーマンスの向上

    ・フロントエンドサポートが組み込まれた最新のランチャー。
  • Black Shark 4S/4S Proグローバル版
    Black Shark 4S/4S Proグローバル版
    48,800円-141,800円
    ゲーミングスマホ「Black Shark 4S/4S Proグローバル版」予約販売

    舶来ガジェットは、Black Shark Technologies社製ゲーミングスマホ「Black Shark 4S/4S Proグローバル版」の予約販売を開始いたします。

    Black Sharkシリーズは中国大手スマートフォンメーカーXiaomi社が出資するBlack Shark Technologies社がリリースするゲーミングスマートフォンで、「Black Shark 4S/4S Proグローバル版」は2021年10月13日に発表された最新2機種のグローバル版です。

    BlackShark 4S Pro Unboxing | BlackShark 4S Gundam Limited Edition
    https://www.youtube.com/watch?v=seYE8QA4dB0

    ゲーミングスマホ「Black Shark 4S/4S Proグローバル版」は5Gに対応し、物理LRボタン、チップセットはQualcomm Snapdragon 870/888+(Pro)を搭載しています。

    6.67インチ有機ELを搭載しており、720Hzタッチサンプリングレート、144Hzリフレッシュレートです。
    Proのストレージは増強版UFS3.1+SSD、RAID構成で爆速です。
    カメラはリアにメインの4,800/6,400(Pro)万画素、120度広角レンズの800万画素、深度測定用の500万画素のトリプルカメラ、フロントに2,000万画素カメラを備えます。
    SIMカードはサイズはNano SIM、デュアルSIMです。
    Bluetooth 5.0やWiFi6つまり無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax (2.4GHz/5GHz)に対応しています。
    バッチリー容量は4,500mAhです。
    充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-C、側面指紋認証に対応しています。
    物理LRショルダーボタン共通で搭載です。
    カラーバリエーションは共通で2色(ブラック/ホワイト)から選べます。
    デザインは無印とProで若干違い、Proがワンポイント強調されています。

    Black Shark 4Sには中華版のみですが、ガンダム限定版があります。
  • Powkiddy X18S
    Powkiddy X18S
    19,000円-30,800円
    Android 11搭載エミュレーター折り畳み型携帯ゲーム機「Powkiddy X18S」取扱い開始

    舶来ガジェット(東京都港区南青山)は、Android 11搭載エミュレーター折り畳み型携帯ゲーム機「Powkiddy X18S」の新規取り扱いを開始いたしました。

    Powkiddy X18Sは、GPD XDクローンな中華ゲーム機として注目された前作Powkiddy X18の機能強化版です。
    Android 11、5.5インチIPSタッチスクリーン液晶ディスプレイ、ワイヤレス通信(無線LAN、Bluetooth)を搭載した折り畳み型携帯ゲーム機
    エミュレーターはSFC/GBA/PCE/MD/PSP/WSC/GAMECUBE/GBC/N64/PS/DC/MAME対応です。
  • ミニ版レトロパソコン「Amiga500ミニ」
    ミニ版レトロパソコン「Amiga500ミニ」
    15,400円-22,800円
    復活!名機ミニ版レトロパソコン「Amiga500ミニ」輸入販売

    舶来ガジェットは、英Retro Games社製ミニ版レトロパソコン「Amiga500ミニ」を輸入販売いたします。

    34年の時を越えて蘇った往年の名機レトロパソコン「Amiga 500」のミニ版です。
    Amiga 500は、米コモドール社が1987年4月に発売したMPUにMotorola 68000を搭載したホームコンピュータであり、欧州特にドイツで100万台を超えて販売されたホームコンピュータの名機であり、ゲームコンソールとしてもヒット商品です。Amigaとはスペイン語で女友達を意味します。

    伝説のコンピューターAmiga:20のトリビア
    https://www.redbull.com/jp-ja/20-things-you-probably-never-knew-about-the-amiga

    THEA500 Mini (English)
    https://www.youtube.com/watch?v=yKUgEOpr4Qs

    Amiga
    https://ja.wikipedia.org/wiki/Amiga

    ウィキペディアから引用加筆

    もともと米AMIGA社が開発し始めたAmigaシリーズは、1980年代後半から1990年代初頭にかけて、主に欧州市場において人気を博したパソコンである。その利点は強力なグラフィック機能であり、特に3DCGやビデオ映像がまともに扱える唯一のパソコンであったため、映像製作者、メガデモ製作者、アーティスト、ゲーマーなどに熱狂的に受け入れられた。日本でも、ワープによる3DO用ソフト「Dの食卓」、TV番組「ウゴウゴルーガ」で活用された。
    音楽制作でも活用された。日本の開発スタジオGAME Freakはゲームボーイ用タイトル『ポケットモンスター 金・銀』の音楽をAmigaで制作している。

    1986年頃、後に日本の代表的なAmigaユーザーの一人となるミュージシャンの平沢進がAmiga上で動作するJugglerと呼ばれるメガデモに出会っている。この頃からAmigaに個人的な興味を持ち始め、1988年前後にアパートの一室で営業していた販売店で積み上げられていたAmiga1000の1つを購入し、自宅での個人使用を開始している。この当時はまだパソコンの使用方法に関する情報が乏しく、特にAmigaに至っては日本で全くといっていいほど知られておらず、さらには本体に付属されるべき説明書すらない中で組み立て時から試行錯誤しながら使用方法を徐々に習得して行ったという。Amigaを使用したパソコン通信接続も試みている。

    1987年発売の廉価版機体Amiga 500は欧州のゲーマーの支持を受け、ゲームコンソールとしてさまざまなゲームがリリースされた。ハイエンド版機体はプロの現場でも利用され、Amigaを利用して製作されたCGや映像作品が当時のテレビに多く登場した。

    AmigaOSに搭載されたデスクトップ環境であるWorkbenchは、1985年の時点で先進的なカラー表示のウィンドウシステムを実現しており、これをGUIならぬMUI(Magic User Interface)と称した。プリエンプティブマルチタスクを実現した史上初のパソコン用OSである。当初はCPUにモトローラのMC68000を採用した16ビットマシンだったが、その後68020・68030・68040を採用した32ビットマシンも発表された。

    Amigaシリーズのトータルでの販売台数は北米では70万台程度と奮わなかったが、一方でイギリスで150万台、ドイツで130万台、イタリアで60万台など、欧州各国で高いセールスを記録している。中でも最大のヒットとなったのがAmiga 500(通称「A500」)で、ドイツだけでも100万台以上のセールスを記録している。

    ライバル機となるホビーパソコンのAtari STと激しいシェア争いを繰り広げたが、1990年代になってゲーム機やMacintoshやIBM PC/AT互換機に性能面で追い抜かれてしまい、マーケティングの失敗もあって1994年にコモドール社は倒産してしまった。シリーズ総計で600万台ほど販売されたと推測されている。

    Amiga 500に関する詳細はウィキペディアもご参照下さい。

    Amiga 500
    https://en.wikipedia.org/wiki/Amiga_500

    Amiga500Miniの商品説明

    Amiga 500ホームコンピュータをコンパクトに復活させました。オリジナルのA500だけでなく、A1200の高度なグラフィックスアーキテクチャ(AGA)の完璧なエミュレーションを特徴とします。

    「エイリアン・ブリード」「アナザー・ワールド」「カオス・エンジン」「サイモン・ザ・ソーサラー」「ワーム」など、25種類の名作Amigaゲームが収録されており、簡単な操作でカルーセルから選んでプレイすることができます。

    また、WHDLoadに対応する豊富なオプションの中からお好きなオリジナルゲームをUSBメモリから読み込むことができます。

    セーブ&レジューム機能でいつでもプレイ中のゲームを保存し、再開します。

    オリジナルスタイルの2ボタンマウスと新しく設計された8ボタンの精密ゲームパッドが付属しています。

(全商品 : 103点)

おすすめ商品

新着商品

カートの中身

カートに商品は入っていません