• 5.5インチミニPCの三代目「GOLE1 PRO」
    5.5インチミニPCの三代目「GOLE1 PRO」
    27,800円-46,800円
    オヤジ殺しが帰ってきた!5.5インチミニPCの三代目「GOLE1 PRO」クラウドファンディング開始

    クラウドファンディング購入代行の舶来ガジェットは、Higole社製5.5インチミニPC「GOLE1 PRO」の取扱を開始すると本日発表いたしました。
    「GOLE1 PRO」は2016年にクラウドファンディングサイトIndiegogoで目標金額の8倍以上の資金を集める大ヒットで話題になったGOLE1、GOLE1 Plusの後継最新機種です。
    今回もクラウドファンディングサイトIndiegogoでキャンペーンを開始いたしました。

    HIGOLE PC 2022 The Newest Touch MINI Portable PC
    https://www.indiegogo.com/projects/higole-pc-2022-the-newest-touch-mini-portable-pc/x/14840122#/

    HIGOLE PC 2022 The Smallest MINI Touch Screen PC
    https://www.youtube.com/watch?v=Yp-yIOx43co

    the world 's smallest mini pc with touchscreen
    https://www.youtube.com/watch?v=raeZEzzu6Ck

    「GOLE1 PRO」は、5.5インチタッチディスプレイを搭載したWindowsマシンです。豊富なI/Oポートを装備し、もちろん日本人にも嬉しい日本語設定可能(多言語版)です。
    USB Type-Cポート1つ、USB Type-Aポート4つ、さらに新たに先代までは1つしかなかった標準HDMIポートが今回は2つも搭載されています。
    なので、ネットフリックスやHulu、Amazonプライムビデオ、YouTubeといった動画配信サービスが視聴できます。また、Windows対応ゲームを楽しむ、といった使い方も可能です。
    他にも3.5mmイヤフォン端子、有線LAN端子も搭載されています。
    内蔵マイク、内蔵スピーカー、MicroSDカードスロットも装備しています。
    おっと申し遅れました。Windows11 Pro/ubuntu/Linuxマルチブート対応です。

    今回、CPUの違いで2機種あります。Intel Celeron J4125版とIntel Celeron N4000版です。
  • 総合レトロゲーム互換機「ポリメガ」
    総合レトロゲーム互換機「ポリメガ」
    5,300円-151,800円
    総合レトロゲーム互換機「ポリメガ」国内予約受付です。

  • ゲームボーイ互換機「Analogue Pocket」
    ゲームボーイ互換機「Analogue Pocket」
    1,900円-37,800円
    米Analogue社製ゲームボーイ互換機「Analogue Pocket」の予約受け付けを開始いたしました。
    2019年10月16日、クラシックゲーム互換機メーカーの米Analogue社は任天堂のゲームボーイ互換機「Analogue Pocket」を発表しました。これまでに、ファミコン互換機Nt Miniやスーパーファミコン互換機Super Nt、メガドライブ互換機Mega Sgなどを手がけて高い評価を得て実績のある互換機メーカーの新製品となります。
    いずれもオリジナルのゲームカートリッジやコントローラを利用してプレイできる互換機で、ソフトウェアエミュレーションではなく、「Altera Cyclone V」というFPGA半導体チップとHDL(ハードウェア記述言語)を用いて、ハードウェアそのものを100%再現しています。
    今回のゲームボーイ互換機「Analogue Pocket」も、ゲームボーイ、ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンスのカセットの100%の互換性を保証し、本体のみで2780本以上のタイトルに対応するとしています。有線マルチプレイも対応です。
    デジタルオーディオワークステーション「Nanoloop」を内蔵し、シンセサイザーとシーケンサーとしても動作します。
    また、別売オプションのアダプタ(価格未定。10~15ドル想定)により、ゲームギア、ネオジオポケットカラー、Atari Lynxのカートリッジなどにも対応可能としています。
    また、別売オプションの「Analogue Dock」(価格未定)は、HDMI出力に対応し、有線コントローラ用のUSB端子を2つ装備します。8BitDo社の Bluetoothコントローラによる無線接続にも対応しています。
    出荷開始は2020年のいずれか→2021年5月を予定しております。
    ご参考海外ニュース:https://www.polygon.com/2019/10/16/20913509/analogue-pocket-game-boy-color-advance-gba-cartridges
  • F(x)Tec Pro1-X
    F(x)Tec Pro1-X
    103,800円-162,800円
    スライドキーボード搭載スマホ「F(x)Tec Pro1-X」一般販売

    英国F(x)Tec社製スライドキーボード搭載スマートフォン「F(x)Tec Pro1-X」の一般販売を開始すると発表いたしました。

    英国F(x)Tec社は、2019年にスペイン・バルセロナで開催されたモバイル通信見本市「MWC Barcelona 2019」で前端末「F(x)Tec Pro1」を発表しましたが、「F(x)Tec Pro1-X」はその後継の新端末です。

    英国F(x)Tec社は、2017年にクラウドファンディングを実施したMoto Z向けの拡張ユニット「Keyboard Mod」を開発していたLivermorium社を前身とするモトローラ・グループのスタートアップ企業です。Keyboard Mod自体は2018年にごく少数を出荷したのちにプロジェクト終了となりましたが、そのリソースを活かし、スライドキーボードを備えた前機種「F(x)Tec Pro1」をリリースしましたが、出荷の途中で未達組も新端末「F(x)Tec Pro1-X」に変更されました。

    特長

    ・Android 11/LineageOS/Ubuntu TouchからブートOSを選択可能
    ・スライド式QWERTYキーボードを搭載

    いよいよこの新端末の出荷開始にあわせて、一般販売分の予約受付を開始いたします。
  • レトロゲーム機「レトロペディアジャンボリメイク」
    レトロゲーム機「レトロペディアジャンボリメイク」
    2,800円-26,800円
    「入手困難」「超神機」と噂のレトロゲーム機「レトロペディアジャンボリメイク」

    舶来ガジェット(東京都港区南青山)は、Retropedia社製レトロゲーム機「レトロペディアジャンボリメイク」を新発売いたしました。

    「レトロペディアジャンボリメイク」は、「入手困難」「超神機」と噂だったレトロゲーム機名機前作レトロペディアジャンボの後継進化版です。
    ソフトウェアが一から作り直されました。すべてのコンテンツが再整理されました。真新しいUIが搭載されています。ハードウェアの安定性も向上しています。
    シンプルで実用的な機能が魅力
    ゲームデータをセーブすること、お気に入りを保存、カスタマイズすることとボタンを配置することができます。
    キオスクモードを解除せず、コントローラーを適応することができます。
    対応エミュレーターは以下の通りです。

    アーケード、PCエンジン、PCエンジンCD、PCエンジンSuperGrafx
    ファミコン、ファミコンディスクシステム、スーパーファミコン
    ゲームボーイ、ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンス
    32X、マスターシステム、メガドライブ、メガCD、SG1000
    ワンダースワン、ワンダースワンカラー、MSX、MSX2、プレイステーション
    ネオジオポケット、ネオジオポケットカラー、ゲームギア

    家庭用据え置き型ゲーム機で、HDMI出力が可能でです。
    他に以下の互換コントローラなどが使用可能です。

    ファイティングエッジ刃 for PS4 / PC (型番: PS4-098)
    MCZ FightStickTE2+
    MCZ FightStickAlpha
    8BitDoSN30Pro USB gamepad
    8BitDoM30(USBケーブルで接続)
    8BitDoSNES30(USBケーブルで接続)
    8BitDo SN30 (USBケーブルで接続)
    8BitDoN30ARCADE STICK(USBケーブルで接続)
    ファイティングスティック mini for NS (型番 : NSW-149)
    DS3(USBケーブルで接続)
    DS4 V2(USBケーブルで接続)
    XONE controller(USBケーブルで接続)
    XSS controller (USBケーブルで接続)
    XSX controller (USBケーブルで接続)
    X360 WirelessReceiver
    ターボパッド for PC-E mini(型番 : HTG-003)
    Logicool F310
    Logicool F510
    Logicool F710
    MD mini controller

    注意事項

    ・お住まいの地域のコンセント(出力:5V/2A)に適合する汎用USBACアダプタを使用してください。
    ・設定情報とゲームデータを保存するには、MicroSDカード(別売)を差し込む必要があります。
    ・テレビは1080p入力をサポートする必要があります。
    ・SDカードのファイルシステムを損なうことを避けるために、メインメニューに戻った後電源をオフにすることをお勧めします。
    ・少数のゲームは、アナログスティック付きのコントローラーを使用する必要があります。
    ・セットにはコントローラーとキーボードは付いておりません。【互換性コントローラーのおすすめ商品の一部】を参照してご購入ください。あるいは、専用コントローラーをご購入していただくことができます。
  • 中華ポータブルレトロゲーム機「Miyoo Mini」
    中華ポータブルレトロゲーム機「Miyoo Mini」
    8,800円-14,800円
    縦型2.8インチ液晶搭載、軽量・超小型のポケットサイズの、中華ポータブルレトロゲーム機です。
    各種エミュレーター対応です。

    Miyoo Mini Is China’s Attempt At The Gameboy Mini

    Miyoo Mini handheld
    https://www.youtube.com/watch?v=gpAJWj3qHTI
  • 13.3インチモバイルキーボードディスプレイ「UPERFECT X」
    13.3インチモバイルキーボードディスプレイ「UPERFECT X」
    36,800円-58,800円
    UPERFECT社製キーボード一体型13.3インチモバイルディスプレイ「UPERFECT X」の取り扱いを開始すると発表いたしました。
    13.3インチ10ポイントタッチスクリーンのキーボード付きモバイルディスプレイです。
    インターフェイスにUSB Type-CとMini HDMIを装備し、iPhone、スマホ、ミニPC、ゲーム機などを接続することができます。

    レビュー記事(当店とは無関係です。)

    UPERFECT X : キーボード一体型モバイルディスプレイを試す
    http://mikioblog.dolphinsystem.jp/2021/07/uperfect-x.html

    13.3インチ キーボード付きポータブルモニターの特徴。ミニPCやスマホとの接続で活躍すること間違いなし
    https://www.sumahoinfo.net/entry/uperfect-x-spec/
  • Android携帯ゲーム機「Retroid Pocket 2+」
    Android携帯ゲーム機「Retroid Pocket 2+」
    13,800円-21,800円
    Android携帯ゲーム機「Retroid Pocket 2+」

    RETROID社製携帯ゲーム機「Retroid Pocket 2+」はAndroid 9.0 を搭載し、スタイリッシュな筐体に5色のカラーバリエーションの前作から約1年ぶりのマイナーバージョンアップしたAndroid携帯ゲーム機です。

    カラーバリエーションは、ベーシックなオレンジ・ブラックに加え、ニンテンドーゲームキューブ風なインディゴ、スーパーファミコン風の16ビット、ゲームボーイ風なレトロの全5色です。

    Retroid Pocket 2+ | Crash Nitro Kart | GameCube
    https://www.youtube.com/watch?v=kguyS-fUFEM

    ユーザーにより多くの満足感を提供するために再設計されました。
    Retroid Pocket2 +には以下が含まれます。

    ・新しい強力なプロセッサ

    ・メモリを2倍化

    ・ストレージ容量の4倍化

    ・レスポンシブタッチスクリーン

    ・再設計されたコントロール

    ・より高速なWi-Fi

    ・Bluetoothパフォーマンスの向上

    ・フロントエンドサポートが組み込まれた最新のランチャー。
  • Black Shark 4S/4S Proグローバル版
    Black Shark 4S/4S Proグローバル版
    48,800円-141,800円
    ゲーミングスマホ「Black Shark 4S/4S Proグローバル版」予約販売

    舶来ガジェットは、Black Shark Technologies社製ゲーミングスマホ「Black Shark 4S/4S Proグローバル版」の予約販売を開始いたします。

    Black Sharkシリーズは中国大手スマートフォンメーカーXiaomi社が出資するBlack Shark Technologies社がリリースするゲーミングスマートフォンで、「Black Shark 4S/4S Proグローバル版」は2021年10月13日に発表された最新2機種のグローバル版です。

    BlackShark 4S Pro Unboxing | BlackShark 4S Gundam Limited Edition
    https://www.youtube.com/watch?v=seYE8QA4dB0

    ゲーミングスマホ「Black Shark 4S/4S Proグローバル版」は5Gに対応し、物理LRボタン、チップセットはQualcomm Snapdragon 870/888+(Pro)を搭載しています。

    6.67インチ有機ELを搭載しており、720Hzタッチサンプリングレート、144Hzリフレッシュレートです。
    Proのストレージは増強版UFS3.1+SSD、RAID構成で爆速です。
    カメラはリアにメインの4,800/6,400(Pro)万画素、120度広角レンズの800万画素、深度測定用の500万画素のトリプルカメラ、フロントに2,000万画素カメラを備えます。
    SIMカードはサイズはNano SIM、デュアルSIMです。
    Bluetooth 5.0やWiFi6つまり無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax (2.4GHz/5GHz)に対応しています。
    バッチリー容量は4,500mAhです。
    充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-C、側面指紋認証に対応しています。
    物理LRショルダーボタン共通で搭載です。
    カラーバリエーションは共通で2色(ブラック/ホワイト)から選べます。
    デザインは無印とProで若干違い、Proがワンポイント強調されています。

    Black Shark 4Sには中華版のみですが、ガンダム限定版があります。
  • Powkiddy X18S
    Powkiddy X18S
    19,000円-30,800円
    Android 11搭載エミュレーター折り畳み型携帯ゲーム機「Powkiddy X18S」取扱い開始

    舶来ガジェット(東京都港区南青山)は、Android 11搭載エミュレーター折り畳み型携帯ゲーム機「Powkiddy X18S」の新規取り扱いを開始いたしました。

    Powkiddy X18Sは、GPD XDクローンな中華ゲーム機として注目された前作Powkiddy X18の機能強化版です。
    Android 11、5.5インチIPSタッチスクリーン液晶ディスプレイ、ワイヤレス通信(無線LAN、Bluetooth)を搭載した折り畳み型携帯ゲーム機
    エミュレーターはSFC/GBA/PCE/MD/PSP/WSC/GAMECUBE/GBC/N64/PS/DC/MAME対応です。

(全商品 : 104点)

おすすめ商品

新着商品

カートの中身

カートに商品は入っていません